家の換気は大切な事だった

きちんと家の換気をしているでしょうか。気持ちの良い気候の時は窓を開けたくなりますが、エアコンを使う夏や冬はあまり窓を開けたくないという方も多いでしょう。

昔から換気は大事だと言われていますが、具体的にはどのような役割があるかご存知でしょうか。役割を知る事で、家の換気がいかに重要かということを再確認してみましょう。

アパートの大家さんなどが、空室は部屋がいたむと言っているのを聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。誰も住んでいないのにいたむとはどういう事なのでしょうか。

人が住んでいる部屋はドアを開閉して出入りしますし、空調を快適に保つので自然と湿度がこもりにくいようになります。しかし、誰も住んでいない部屋はドアや窓を開けることはありません。換気扇を入れることもありません。湿度が部屋の中にこもると壁紙や床といった目に見える部分だけでなく、木材もいたんできます。

こういったことを避けるためにアパートに空室がある時は大家さんや管理会社の人が定期的に換気をして管理しているというところも多いです。空室があると大変なのはこういった苦労もあるからなのです。古くからある日本の伝統的な家屋は、湿度の高い日本の気候の合った造りになっていて湿気がたまりにくいようになっています。

しかし、こういった造りはすきま風が入りやすく、冷暖房が効きにくくなってしまい消費電力が増えてしまいます。最近は気候も変わってきているので、エアコンは欠かせないものとなっています。エコの観点から高断熱で高機密な家が主流となっている現代では、意識的に換気をする必要があるのです。

また、ホルムアルデヒドといった有害な化学物質や、冬場の燃焼式ヒーターによる一酸化炭素の発生なども、高機密の住宅ではより気をつける必要があります。

新築の住宅では特に有害な化学物質が発生しやすいということもあり、特にホルムアルデヒドなどの有害化学物質対策として2003年には十分な換気が難しい場合は24時間換気システムを取り入れることが義務づけられました。

赤ちゃんが産まれて新築の住宅に引っ越してきたという方も多いのではないでしょうか。これより前に建てられた家の場合はそういったシステムがない場合もあります。安心安全な住宅を維持し、家族の健康を守るためにも、常日頃から家の中の換気ということに気を配って、積極的に空気を入れ替えることを心がけるようにしましょう。

お気に入りサイト

安くても安心できる横浜の引越しはムービングエス


まずはお見積り・ご相談を!

グリストラップ清掃で悩んでいる方に


日々の手間を考えた時にどちらがいいかはわかります!

マンスリーマンションの新潟市【ステーションハイツ】


新潟ステーションハイツは月8万円!家具・家電はモチロン

鍵交換でお悩みの方へ


鍵のプロである鍵ドットコムにお任せください

家具に関する最新ニュースを集めた情報サイト


こだわり家具選びの参考に